GooglePlay 位置情報偽装アプリ「Location Changer」

Location Changerアプリ
広告

ありそうでなかった位置情報偽装アプリ

以前から位置情報偽装に関しては以前から多くのアプリが登場し、その後消滅しております。

多くのアプリは動作が不安定であったり、その後OSのアップデート等で動作しなくなったり、androidではLoot化が必要であったりと手間がかかるものが多かったです。

しかしandroidに関して言えば、長いこと使用していますが、安定動作、OS等のアップデートにはソフトのアップデートで対抗したりと、きちんと動作させるために開発が終わっていない位置情報偽装アプリをご紹介します。

どのような用途でご利用されるか分かりませんが、多くのゲームアプリは対策がしてありますので、ほぼ使用できません(ドラゴンクエストウォークでは当初使用できましたと報告を頂きました)

さらに位置情報の偽装に関しましては、androidに限られます。

iPhoneに関してはハードウェア的に位置情報に関する動作が組み込まれておりますので、アプリを導入したところで偽装できませんのでご了承ください。

こういう自由度の無いところもiPhoneからandroidに替えた理由なんですけどね

広告

Location Changer

私がおすすめする位置情報アプリはこれだけです。

UIが変更になったりしておりますが、依然として当方のandroid、huawei honor9では安定動作しております。

こちらにリンクを貼っておきます。

Location Changer (Fake GPS Location with Joystick) - Google Play のアプリ
Change your GPS location using this simple app. Prevent apps and websites from tracking your real location. Test your location based apps. This app also shows d...

本当に数多くのアプリがあり、広告のうっとうしいものなどもありますので、注意してください。

android9でも2020年5月16日時点で安定動作しております。

※端末によっては開発者オプションをONにする必要がありますので、開発者オプションをONにしてください。
大抵の端末は【設定】→【システム】→【端末情報】→【ビルド番号】まで進んだら、このビルド番号を連打すれば開発者オプションが表示されるようになります。

もちろん動作確認はしてくださいね。

Location Changerはその開発者向けオプションの仮の現在地情報アプリをきちんと選択してあげないと正常動作しませんのできちんとしてしてあげてください。

画面はandroid9搭載の huawei honor9 です。

Location Changer が動くandroid携帯なら格安SIMのBIGLOBE。

android9にこのLocation Changerを仮の位置情報ソフトと認識させることでほぼ導入は完了です。

iPhoneではこのようにはいきませんからね、ナイスandroidです。

広告

動作確認してみます

それでは開発者向けオプションできちんと仮の位置情報ソフトとしてしてしたら、Location Changerを起動させましょう。

起動させると、supported by GoogleMapが起動します。

赤丸の中の虫メガネをタップすると、キーボードが表示されますので、GoogleMapで認識できる位置情報(住所、施設名など)を入力します。

ここでは東京スカイツリーと入力しました。

入力が完了しましたら、あとはSTARTを押すだけです。

すぐにアプリが閉じますが、通知窓ではきちんと動いているのが確認できます。

この住所がスカイツリーの場所なんですね。

それではきちんと位置が偽装されているか確認してみましょう。

位置情報はGoogleMapで確認してみます。

androidはGoogleMapで位置情報が偽装されていれば何ら問題はありません。

iPhoneは位置情報の共有は簡単にできますが、iPhoneとandroid、もしくはandroid間の位置情報の共有はGoogleMapを通して行います。

ですのでGoogleMapが偽装されていれば問題は無いのです。

例のウィルス問題で臨時休業とも記載されてるんですね。

今仮想で、私が東京スカイツリーにいるのが確認できます。

もちろんGoogleMapの機能で位置情報の共有をしていれば相手からの見た目もスカイツリーにいることになっています。

広告

用途

残念ながら、GoogleMapを使用しないナビなど(Yahoo!ナビ)などでは偽装できません。偽装する意味がないですけどね。

あとは多くのゲームアプリでは使用できなくなっています。

ゲームではGPS他、データ通信からも位置情報を把握していますので、片方だけを偽装してもダメなのです。

偽装状態でドラゴンクエストウォークをやっても何もない平地を永遠歩かされるだけですのでゲームが進行できなくなっております。

他、位置情報から紛失した端末の場所を特定できなくなりますので、起動させたままの紛失は場所の特定が困難になります。

以上から、GoogleMap上で位置情報を共有しているラブラブカップルさんや、お子さんの場所を共有している家族間などの偽装のみに限られるのではないかと思います。

もちろん悪意の偽装はやめて、安心させるための善意の偽装として使用してくださいね。

ご紹介したアプリで何かありましても当方は責任を負いかねます。悪用厳禁ですよ。

広告

ひとりごと

広報部さん
広報部さん

逆に位置情報をたやすく偽装されてしまうandroidよりも、ハード的に偽装工作できないiPhoneのほうが良いというご意見もあります。