楽天 UN-LIMITに乗り換えるのは本当にお得なのか

Rakuten UN-LIMITスマートフォン
広告

やっときました楽天モバイル(MNO)

実は昨年2019年の10月にはサービスを開始していないといけない楽天モバイル(MNO)ですが、政府につつかれながらも、やっと2020年4月8日(水)サービス開始となります。

現在、先行申込絶賛受付中である。

なんだか楽天市場の送料無料問題や、新型コロナウィルスに紛れて、いつこの発表を行ったのかも分からいうちに先行申込が受付開始となったので、楽天モバイル(MVNO)からの移行はメリットがあるのか考えてみた。

Rakuten UN-LIMIT VI | 楽天モバイル
楽天モバイル公式。料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」はすべての人に最適なワンプラン!データ1GBまで0円、どれだけ使っても無制限で2,980円(税込3,278円)。人気のAndroidスマートフォンも続々登場。楽天の携帯キャリアサービスが、これまでの常識をくつがえす!
広告

楽天モバイル(MNO)は Rakuten UN-LIMIT

そう、その名もRakuten UN-LIMIT。

UNLIMITとは直訳で無制限という意味なので、

①データ容量使い放題。

②通話かけ放題。

③海外から国内通話かけ放題(地域は限られる)

この3本柱で月2980円となる。

そして只今、300万名に限り、1年間月額無料ということです。

これは正直、MNOのキャリアの中では群を抜いて安いのではなかろうか。

広告

安いがデメリットは多い

しかし、調べてみると現在のMVNOで満足している方、MNOかMVNOに移行を考えていらっしゃる方にはお勧めできない点がありました。

①MVNOからだと確実に値段が上がる。

サブ機2台が楽天モバイル(MVNO)のベーシックプラン3.1Gなので月額1600円である。

メイン機はBIGLOBEモバイルの6Gプランにエンタメパック装着で2480円となっている。

MVNOを選ぶ人というのは、私の中では不自由のない程度にどこまで値段を下げることができるのか?を突き詰めた人だと思うので、おのずと値段は上がると思う。

②楽天モバイル(MNO)の対応機種が少なすぎる。

どうやら楽天モバイル(MNO)に対応した端末が必要らしく、もしかするとファームウェアのアップデート等で楽天モバイル(MNO)に対応するようになるかもしれないが憶測でしかないので、現在は多くの方が対応端末を新たに購入する必要がある。

iPhoneが取り扱い機種に無い。(iPhoneの場合はiOSアップデート時に楽天モバイル対応になる可能性があるかも?)

③対象エリア(楽天基地局)

開始したばかりなので楽天モバイルの対象エリアが狭いのはしょうがなく、問題点にはしたくはないのだが・・。

ご不便をお掛けしますが、1年間無料なので勘弁してほしいということだろうか。

広告

それでもメリットを感じる方はいる

おそらく心機一転、これから新社会人になられる方は新しい端末をゲットして社会人デビューする人。

新型コロナウィルスの問題で現状は行き来が無いと思いますが、普段から海外出張が多い方。

ちょうど端末の買い替えを考えていて、普段から仕事でハードに使うのでRakuten UN-LIMITにメリットを感じられる人。

などかな。

私は田舎に住んでいるので残念ながら低速仕様にしたくないので、様子を見たいところですが、やはり端末を極端に安く購入できたりする特典があれば、サブ機を移行する可能性はあります。

ポイント配布最大20800ポイントではまだ心は動きませんね(笑)

私自身は正直なところ、もっと心揺さぶる(過激な)特典が欲しかったが、みなさんは UN-LIMIT にmatchingしたであろうか。

広告

Q & A

広報部さん
広報部さん

LINE通話があれば電話かけ放題も必要ないだろうし、私のようにBIGLOBEのエンタメフリーなら通信量も気にならない。
最大のデメリットは対応端末が限られていると言う事だろう。
これを補うような4Gで超爆速通信だとか1つでも秀でたものがあると良いのだが。